PLANE SYSTEM®


PLANE SYSTEM®とは、MDT UDO PLASTER氏とZirkonzahn社が協力して開発した正確な上顎位置を測定するためのシステムです。測定した上顎位置は、咬合器またはバーチャル咬合器で再現することができます。

更にZirkonzahn CAD/CAM システム、フェイスハンターを組み合わせると3D顔貌で視覚化することができます。

※Zirkonzahn CAD/CAM システム、SOFTWARE-MODULE CAD/CAM VIRTUAL ARTICULATORが必要です。

  • ナチュラルヘッドポジション(NHP)やAla-tragusライン(カンペル平面)のような患者特有の情報を使用して、咬合平面や関連する自然な上顎の審美的位置を求めるための新しい測定方法です。
  • すべての情報が100%デジタルワークフローに統合され、それらのデータをもとに測定した上顎位置はモデリングソフトウェアZirkonzahn.Modellierのバーチャル咬合器へデータ化されます。更にそのバーチャル咬合器のデータを咬合器PS1へ再現することができます。
  • 写真と顔のスキャンデータとを組み合わせ、フェイスハンターで3D顔貌に視覚化することが可能です。
  • 歯科医師、歯科技工士、患者様との新しいコミュニケーションツール、カウンセリングに最適です。

PLANE SYSTEM®の製品構成


プレーンファインダー

ナチュラルヘッドポジション(NHP)と、上顎位置とAla-tragusライン(カンペル平面)を測定します。計測したデータは咬合器PS1、またはZirkonzahn CAD/CAMシステムのソフトウェアを使用してバーチャル咬合器上で再現することができます。

  一般医療機器 医療機器届出番号:14B1X90003ZZ0039

 

フェイスハンター

フェイスハンターは、3D顔貌スキャナーです。詳しくは、「フェイスハンター」をご覧ください。

 一般医療機器 医療機器届出番号:14B1X90003ZZ0038

 


歯科用咬合器PS1

Zirkonzahn社オリジナル設計の半調節性咬合器です。矢状顆路傾斜度、平衡側側方顆路、イミディエイト・サイドシフトの調節機構を備えています。

 一般医療機器 医療機器届出番号:14B1X90003ZZ0040

 

プレーンポジショナー

咬合器PS1に上顎模型を配置し、咬合平面を再現するために使用するテーブルです。


PLANE SYSTEM®ACCESSORIES


ジョーポジショナー

バーチャル咬合器でマウントした咬合面及び咬合角を再現します。これをプレーンポジショナー上に配置して咬合器PS1にマウントすると、バーチャル咬合器と同じ自然な患者の上顎位置を咬合器PS1で再現することができます。

ジョーポジショナーサポート

ジョーポジショナーをZirkonzahnミリングユニットに固定するために使用します。

 


バイトトレー 1-3

プレーンファインダー用のバイトトレーです。片面の高さが1mm、3mmと異なる1枚のバイトトレーです。

バイトトレー用スペーサー

バイトトレー1-3およびバイトトレー2-4と組み合わせて、高さ調整をするためのスペーサーです。

ポジショニングプレート(セパレートタイプ)

プレーンポジショナーに上顎模型をセットするために使用するテーブルです。

バイトトレー 2-4

プレーンファインダー用のバイトトレーです。片面の高さが2mm、4mmと異なる1枚のバイトトレーです。

ポジショニングプレート

プレーンポジショナーに上顎模型をセットするために使用するプレートです。

 


AN OVERVIEW OF THE WORKFLOW


患者データの測定(歯科医院のワークフロー)

ナチュラルヘッドポジション(NHP)と、ala-tragusライン(カンペル平面)の測定をします。

測定方法は、マニュアル、デジタルを含めて以下の3種類です。

1、印象採得して測定する方法 Manually

プレーンファインダーでNHPを特定し、プレーンファインダー上でシリコーン印象材を使用して咬合面、ala-tragusライン(カンペル平面)を採得します。NHPの状態で印象採得することで、ala-tragusライン(カンペル平面)を測定します。

 

2、印象採得をせず測定する方法 Manually

プレーンファインダーでNHPを特定し、左右のala-tragusライン(カンペル平面)の角度を測定します。この左右の角度はプレーンポジショナーでそれぞれ再現することができます。

 

 

3、フェイスハンターとZirkonzahn CAD/CAMを使用して測定する方法 Digitally

フェイスハンターで、フェイスハンター用バイトトレーを装着した状態と、プレーンファインダーでNHPを特定した状態を撮影します。

測定した患者データを咬合器PS1へ移行(歯科医院または技工所でのワークフロー)

上記で測定された患者データは、水平基準面に基づいて咬合器PS1へ移行することができます。

移行方法は、マニュアル、デジタルを含めて以下のように3種類あります。

1、印象採得して測定したデータを咬合器PS1へ移行する方法 Manually

骨格中心線・咀嚼中心に基づいてプレーンポジショナー上に、プレーンファインダーで採得したシリコーン印象材を合わせた上顎模型を、シリコンパテなどを使用して咬合器PS1に固定します。そして石膏等を使用して上部に上顎模型を固定します。

2、印象採得をせずに測定したデータを咬合器PS1へ移行する方法 Manually

プレーンファインダーで測定した左右角度の数値を、プレーンポジショナーのテーブルをそれぞれその数値に角度調整をし、上顎模型をシリコンパテなどを使用して咬合器PS1に固定します。そして石膏等を使用して上部に上顎模型を固定します。

 

 

3、フェイスハンターとZirkonzahn CAD/CAMを使用して測定したデータを咬合器PS1へ移行する方法 Digitally

フェイスハンター用バイトトレー、上下顎模型をスキャンして、フェイスハンター用バイトトレーを装着した状態と、プレーンファインダーでNHPを特定した状態のデータをもとに、3D顔貌、バーチャル咬合器とマッチングします。これらのデータ(咬合面、ala-tragusライン)はジョーポジショナーをミリングすることで再現することができます。そのジョーポジショナーをプレーンポジショナー上に固定し、上顎模型をシリコンパテなどを使用して咬合器PS1に固定します。そして石膏等を使用して上部に上顎模型を固定します。よって、上顎の位置に関するバーチャル咬合器上のデジタルデータは、マニュアルで作業するために、いつでも咬合器PS1に再現することができます。

SCIENTIFIC BACKGROUND TO THE PLASTER TRANSFER APPROACH


Ala-Tragus ライン

 Xieと共同研究者らは、鼻翼の下端から耳管の中心までの接続線、いわゆるAla-tragusライン(カンペル平面)と咬合線とのずれは最小限であることを発見しました。 Ala-tragusラインは患者によって異なり、 咬合平面を確実に再現するためには、骨格クラスとは独立に決定する必要があります。

ナチュラルヘッドポジション (NHP)

Plasterのシステムにおける第2の重要な点は、ナチュラルヘッドポジション(NHP)です。 Cooke(2)の5年間の研究では、人間の自然な頭の位置(姿勢)は、鏡の前で直立し自分の目を直接見るとき、わずか1〜2度だけ変化することが示されています。 この結果は、Pengらによる15年の研究によって支持されています。

TOPIC-RELATED STUDIES AND SPECIALIST ARTICLES


  • Plaster U. Natürliche Asymmetrien und die patientenindividuelle Wiedergabe der Okklusionsebene ohne traditionellen Transferbogen.
    Quintessenz Zahntech 2013;39(5): 1266-1280
  • Xie J, Zhao Y, Chao Y, Luo W. A cephalometric study on determining the orientation of occlusal plane.
    Hua Xi Yi Ke Da Xue Xue Bao. 1993 Dec;24(4): 422-5
  • Sinobad D, Postic SD. Roentgencraniometric indicators of the position of the occlusal plane in natural and artificial dentitions.
    Eur J Prosthodont Restor Dent. 1996 Dec;4(4): 169-74
  • Cooke MS. Five-year reproducibility of natural head posture:A longitudinal study.
    Am J Orthod Dentofacial Orthop 1990; 97: 487-94
  • Peng, L. Cooke, MS.: Fifteen-year reproducibility of natural head posture: A longitudinal study.
    Am J Orthod Dentofacial Orthop 116 (1) 1999: 82-85